名古屋で男性の泌尿器科、美容はくるまみちクリニック
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

10月27日:ファンヒーター
 

ここ数日、過ごしやすい日が続いてますが、朝夕、寒さが感じられる時期になってきましたね。
我が家では、もうガスファンヒーターを出して使っています。
少し早いですが、寒がりの我が家は寒さにはかてません。
 
愛犬チャチャも寒がりで、ファンヒーターをつけると、真ん前の一番いい場所を陣取って、気持ちよさそうに横になっています。
 
家族みんな、その横で我慢しながら?、片隅であたたまってます。
 
さて、話は変わりますが、先日、眼科で左の白目を縫う手術を受けました。
前夜、ダンボールをちぎって整理している時に、その破片が私の目を直撃したのです。
その時は、あまりの痛みと、左目尻の白目の真っ赤な色にびっくり。
大変な事になってしまった…と、夜中じゅう、気が気じゃありませんでした
 
次の日になっても、痛みも赤みも全くとれないので、眼科に行きました。
先生は「早く綺麗になおしたいなら、やはり、縫う手術ですね」とのこと。
「目の手術う・・?」その言葉を聞いたときは、衝撃をうけました。
 
だって目の手術…考えただけで、ゾッとしてしまいますよね。
 
結局、手術を受けると決めた訳ですが、これは出産の時以来の、自分なりに心の準備をしっかりして覚悟を決めた出来事でした。
 
手術の説明を聞く間、いろいろこわいなあ〜とか、他に方法はないのですか?など、先生をてこずらせてしまいました。
結局、手術を受けるまでにかかった時間は30分ぐらい、手術自体は5分もかかりませんでした。
 
先生が、痛くないように点眼麻酔や、「見えると怖いなあ」と言う私に、目を丸く切ったガーゼで覆うなどの配慮をしていただき、ホント至れり尽くせりでした。
 
痛みもなく、手術はすぐに終わりました。
だんだん冷静にもどってからは、ホントに恥ずかしかったです。
だから、自分が病院で働いている事は、ついに言えずじまいです。
 
今は、真っ赤だった白目の充血もとれ、経過は良好です。
 
もしかしたら、私の白目が赤くなってる⁇と気付いた方もいらっしゃったかもしれませんが、実は…そういう訳でした。
 
私にとっては、一大事な出来事だったのです。
 
たかが、段ボールをちぎるだけの作業ですが、大変なことにならないよう、みなさんもどうぞお気をつけてくださいね。
 
いよいよ「冬」がやってきます。
当院でも、インフルエンザ予防接種を始めました。
ご予約を受付ておりますので、お早めの接種をお勧めします。
備えあれば憂い無し!
あ、肺炎球菌ワクチンも忘れずにっ。
やっぱり健康が一番ですね。
 
---今日のチャチャ---


投稿者 くるまみちクリニック① (2014年10月29日 01:00) | PermaLink