名古屋で男性の泌尿器科、美容はくるまみちクリニック
HOME>泌尿器科

| 女性泌尿器科 |

尿失禁(尿漏れ)
尿路結石 「尿失禁」といえば、TVCMでもよく、大人用のおむつの広告が宣伝されています。年を重ねるにつけ、尿失禁という現象が起こりうることは社会的にもずいぶん認知されるようになり、機能的なおむつなども気軽にドラッグストアで入手できるようになりました。尿失禁は特に中高年の女性に多く見られます。
女性は、男性に比べて尿道が短いこと、また分娩によって骨盤底筋が弱くなることなどから、尿失禁が見られる率が高くなります。

恥ずかしさから医療機関へ受診せず市販のおむつを使うなど、ご自分で対応される方も多いようですが、尿失禁は、運動療法や服薬治療などで治すことが可能です。また、尿失禁のタイプによって治療法も異なります。自己判断で何とかしようとせずに泌尿器科にご相談ください。

腹圧性尿失禁
骨盤内の臓器を支える骨盤底筋が弱くなることが原因で、おなかに力を入れると漏れてしまうタイプの尿失禁です。

(症状)
☑力を入れたときに漏らしてしまう
☑くしゃみや咳をしたときに漏らしてしまう
☑走ったり、飛んだ時に漏れてしまう

切迫性尿失禁
膀胱が尿をためる力が弱くなることが原因で漏れてしまう尿失禁です。脳卒中(脳梗塞や脳血栓、クモ膜下出血)によって起こる場合もありますが、女性の場合に多いのは、慢性膀胱炎に合併した過活動膀胱や不安定膀胱、更年期障害による女性ホルモンの低下で膀胱や尿道が萎縮し、本来の機能を失って起こるタイプの尿失禁です。

(症状)
☑急に尿意を催してしまって、我慢ができない
☑何度も尿意を催してしまう
☑夜寝ているときに漏らしてしまう
☑お手洗いにたどり着く前に漏らしてしまう
問い合わせ