名古屋で男性の泌尿器科、美容はくるまみちクリニック
HOME>その他治療・美容注射

| 巻き爪治療 |

巻き爪治療~ブレイスクイック~
ブレイスクイックは、グラスファイバーのシート(ドイツ製)を爪に装着し、シートの張力により爪を持ち上げて爪が内側に生えていくのを防ぐ事によって、巻き爪の治療を行う施術です。
爪に直接装着できるため、ハリガネを用いた従来の方法のように爪の周囲の皮膚を傷つけたり、ストッキングが破れたりすることはありません。施術中に痛みを感じることもほとんどありません。またブレイスは半透明の小さな板状のシートなので凸凹も目立たず、ペディキュアをすることも可能です。






装着後、短期間で痛みを軽滅することができます。
ただし、爪の伸びる速度に合わせて、約1ヶ月に1回ブレイスを交換しなければなりません。また、爪の伸びる速度にもよりますが、治療終了までに3~6回程度のブレイス交換が必要です。

問い合わせ