名古屋で男性の泌尿器科、美容はくるまみちクリニック
HOME>泌尿器科

おちんちんの話・包茎治療

おちんちんが腫れて痛いです
亀頭部が、かわ(包皮)に覆われた状態を包茎といいます。子供はほとんどみな包茎です。

しかし、かわ(包皮)の中も普通の皮膚と同じようにあか(垢)がたまってきます。 これを洗わないでいると、バイ菌が入り炎症を起こし赤くはれてしっこをするときに痛くなります。(亀頭包皮炎)

 このため、わ(包皮)をむいて中を洗わないといけませんが、かわ(包皮)のさきが狭かったり、かわ(包皮)と亀頭がひっついて(癒着)いてむけない場合があります。

このまま成長してしまうと大人になっても包茎のままで、大人用の包茎手術をしなければならなくなります。

子どものうちはかわ(包皮)が柔らかいので少し力を入れればむけるようになることもありますが、多くの場合はうまくいきません。

仮にうまくいったとしても最初の1週間ぐらいは、強い痛みを感じたり、出血したりしますので、子どもは痛みを怖がってなかなかさせてくれませんし、最悪の場合には排尿出来なくなることもあります。
(ご家庭で行うのは無理ですし、危険ですので決してやらないで下さい。まず泌尿器科医に診てもらってください。)

このような場合には、無理にむくことをせず、飲み薬やぬり薬などで様子を見ながら、時間がたつのを待つしかありません。

そして子供さんがある年齢に達してもなお改善しない場合には、子供用の包茎手術を行います。
その頃には子供さんもある程度聞きわけがよくなっていますし、手術は5分程度で終わりますので、安全に行うことが出来ます。
包茎の種類
包茎には(1)真性包茎 (2)かんとん型包茎 (3)仮性包茎の3種類があります。
症状によっては早期の手術が望ましい場合があります。
ご自身はどの種類にあてはまるかご確認いただき、疑問や不安な点がありましたらご来院ください。
 
 
(1) 真性包茎
 
亀頭がかんぜんに包皮に覆われていて、しかも包皮の穴が亀頭の大きさよりも小さいために、亀頭が全く露出しないタイプです。
※亀頭と包皮の間を清潔に保つことが困難で早期の手術が必要です。
 
 
(2) かんとん型包茎
 
真性包茎と仮性包茎の中間的な症状で、包皮口に充分な広さがないために、ムリに亀頭を露出させると締め付けを起こす危険があります。最悪の場合には亀頭部分に血液が流れずに腐ってしまう(壊死する)こともあります。
※早期に手術が必要です。 
 
 
(3)仮性包茎
 
普段亀頭は包皮に覆われているが、引っ張ると比較的簡単に亀頭を露出させることができます。セックスにも支障がありません。仮性包茎には、横や斜めに引っ張りがあったり、かんとん型包茎に近いものなど見分け方が難しいのが特徴です。
※手術が必要なケースと不必要なケースがあります。 
 
(4)手術後
 
手術後は頭がひょっこり出た状態になります。

小さなお子さん(小学生ぐらいまで)の真性包茎の手術の場合、大人の場合と異なり「ひょっこり出る」までの手術は行いません。
「おちんちんの見せっこ」や「おしっこの飛ばしっこ」などの予想できない行為をすることがあり、他のお子さんと、おちんちんが異なって見えるといじめの対象になる可能性があるからです。
そのような配慮から、当院では一見しただけでは手術跡が分からない様な手術を行っています。
あくまで、小さなお子さんの包茎治療は、感染を繰り返して痛い思いをしなくてよいように、清潔な状態が保てる事が目的だからです。

包茎だとなぜダメなの?
 ■ 包茎は不潔になりがち
 
性感染症や、包皮炎や亀頭炎、最悪の場合には陰茎ガンに至るケースがあります。またセックスで女性の膣内に恥垢をこすりつけると、子宮膜炎や子宮ガンを起こす原因になり、コンジロームなどの性病を誘発することもあります。 目にはみえないですが、皮膚の表面には無数の細菌が繁殖しています。
これは、身体に害を及ぼさない細菌が繁殖することで、外部から害のある細菌が来た時にも繁殖して感染するのを防ぐ役目をしています。
しかし、害がないとはいっても余りに繁殖しすぎた場合や小さい傷から体内に侵入した場合には、炎症を起こす原因になる可能性があります。
包茎の状態であると、亀頭と包皮の間に細菌の増殖するのに適している環境になることがあるのです。
また、亀頭と包皮のかぶっている内側は粘膜性の皮膚になっていて、ウイルスが侵入しやすい構造になっています。コンジロームやヘルペスなどがこの部分にできることもあります。もちろん、普通の皮膚より弱いく薄い皮膚なので、小さい傷もできやすく敏感ですので、細菌による感染症も引き起こしやすくなります。菌が繁殖すると、分泌物が分解されてニオイを発したり刺激性の物質に変わるために痒くなったり、皮膚が荒れて赤くなったりします。「自分はまだ大丈夫」と思っていてもいざ、病気にかかってしまうと手遅れになってしますこともあります。自分の事は自分で一番分かっているつもりでも医師の判断が必要な場合もあります。不安な事があれば
ご相談下さいね。
 
 
■ 包茎はセックスにも支障をきたす
 
コンドームのだぶつきや付けた後に外れてしまったり、女性の感度を弱める膣内での包皮のスライド、包皮が陰毛を巻き込んで傷になったり、陰毛が抜けてしまいやすくなったり、悪臭を放つ等、人それぞれに不都合が生じます。
自分だけの問題ではなくパートナーにも関係する事になりますので、パートナーとしっかり話し合ってみることも
大切ですね。
 
包茎手術料金
手術費用 157,500円


 
 
問い合わせ