名古屋で男性の泌尿器科、美容はくるまみちクリニック
HOME>その他治療・美容注射

保険のニキビ治療

保険で出来るニキビ治療
AGAってなに? ニキビは思春期から発生し増加するため、中高生の方に非常に多いお悩みです。
男女問わず思春期から大人になってもずっとできてしまう方も少なくありません。ニキビはお肌の病気であり、市販の薬では治りにくいうえ、放置したり自己流の治療法では悪化させてしまったり判断を間違えると跡に残ってしまいます。ニキビの治療というと「自費診療」のイメージやエステなどをしないと行けないと思っていませんか?いきなりエステでの治療を行ってかえって悪化してしまったという声も少なくありません。当院でも自費診療によるニキビ治療も行っていますが、患者さん一人一人に合った治療を行いたいと考えています。保険治療では以下の治療を行っています。まず保険治療を行って根本的な原因を解決しましょう。

【保険で出来るニキビ治療】
・医師による診断
・皮脂の押し出し (ニキビの原因を押し出します)
・内服療法(抗生剤、ビタミン剤)

赤ニキビ
赤ニキビとは、黒にきびが更に悪化したニキビを指し、毛穴内に溜まった皮脂を栄養とし増殖するアクネ菌の代謝物が毛穴内とその周りの皮下組織を刺激する事から炎症が起こり赤みを帯びた赤ニキビへと悪化するのです。
赤ニキビの段階になると肌の皮下組織が破壊されはじめますので、たとえ赤ニキビが治療できたとしても完全に元の綺麗な肌に戻れるかどうかは非常に微妙です。いかに白にきびや黒ニキビの段階で治療できるかがニキビ治療にとっては非常に重要となります。

【赤ニキビの特徴】
赤くはれている
少しの刺激も痛い
白ニキビ
白ニキビは、ニキビができる初期の段階です。このにきびの時点で何もケアせずに放っておくとだんだんと症状が重くなっていき、自分ではケアできないところまでいってしまいます。自分でケアできる白ニキビのうちにしかりとスキンケアして治してしまいましょう!

【白ニキビの特徴】
見た目は白く皮膚の中に白いものが見える
触っても痛くない

黒ニキビ

黒ニキビは皮膚の内側から盛り上がった皮脂が毛穴の外に向けて開口しその入口部分が酸化して黒く変色していることからこう呼ばれています。黒ニキビといえば鼻でしょうか。鼻の頭がポツポツとイチゴのようになっている人、たまに見かけますよね。白ニキビから移行した黒にきびのせいです。毛穴に詰まった黒にきび、いくらメイクで隠しても、時間がたつと浮いてて目立ちます。

背中にも黒にきびができて、目が届かないところですので気づいたら赤にきびになっていた。なんてことありませんか?絶対にやってはいけないといっても黒にきびをしぼってしまう人の多いこと……。
一瞬取れたと思う方も多いですが、取った後の処置をしっかり行わないと毛穴は開いたままで、余計に汚れが入りやすい環境をつくってしまいます。 
 

問い合わせ