名古屋で男性の泌尿器科、美容はくるまみちクリニック
HOME>男性美容・アンチエイジング

しみ

そばかす(ソバカス)
ソバカス老人性色素斑、雀卵斑(そばかす)
そばかす(ソバカス)は色白の人に多く発症するもので、日本人より西洋人の方が多くみられます。5才頃に発症することが多く、思春期頃に目立ってきます。そばかす(ソバカス)は、生まれつき持っていた遺伝的素因が思春期になって目立ち始めて出てきたという人が多く、中には子供の頃から見られる人もいます。
通常でしたら、年とともに薄くなり、目立たなくなるのが普通ですが、日頃のお手入れが行き届いてなく年齢を重ねると、皮膚の新陳代謝が低下などの作用もあり、メラニン色素が外に排出されることなく、皮膚に沈着しやすくなって、そばかす(ソバカス)とシミが増えていく人もあります。日頃のお手入れが大切ですが、当院では効果的な治療方法をご提案します。

【治療方法】
フォトフェイシャル…光を照射し肌質を改善します。
PPx…皮膚を吸引しながら光を照射します。

【治療後】
レーザー照射後3~10日程で、茶褐色のカサブタがついた状態になりますが、これは自然にとれますので無理にはがさないでください。
カサブタは新しい皮膚表面ができるまで保護膜として最高のものです。カサブタがとれると皮膚に軽い炎症が残っているためピンク色の新しい皮膚が見えますが、日ごとにに薄くなり、2~4週間で普通の肌に戻ります。
男性の肝斑
肝斑
肝斑は女性ホルモンが関係しているため、女性だけにできる「シミ」とみられていますが、女性ほど頻度は高くないものの、男性にもしばしば見受けられます。男性の場合、肝斑の大きさや色合いなどは女性の肝斑よりも症状が軽い傾向にあります。


【治療方法】
フォトフェイシャル…光を照射し肌質を改善します。
QスイッチNdYAG...レーザーを照射し肌質を改善します。
内服薬、(保険治療が可能なケースもあります)


PS:インドには男性の肝斑が多いそうです。B型のヒトが多いことと関係あるのでしょうか?

男性の頬部などにできる茶色いシミの多くは老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)や老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼ばれるものです。大きさが直径数mm~2cm程度で、肌の表面はざらざらと盛り上がっているのが特徴です。イボのように突出したものもあります。これは肝斑とは異なり、CO2レーザーや切除、液体窒素での治療などを行います。
炎症後の色素沈着
炎症後色素沈着
アトピー性皮膚炎の方はお肌が敏感な為、ムダ毛処理でかみそりを使うと、毛穴がブツブツになってしまいます。この繰り返しで、色素沈着(茶色くなったり、赤くなったりします)を残す結果となります。

【治療方法】
フラッシュ脱毛…色素沈着の治療と脱毛をします。これによって脱毛の処理により色素沈着を防ぎます。
軟膏(ハイドロキノン)による治療…メラニン色素を漂白してしまう方法です。使用方法を必ず守りましょう。

レチノイド、ハイドロキノン治療
ケミカルピーリングとは塗り薬による治療方法です。
ハイドロキノンはメラニンの生成を強力に抑える働きがありますが、同時に肌の生まれ変わりを促進させることができればさらに高い効果を得ることができます。
トレチノインはターンオーバーを促す働きがあり、ハイドロキノンと併用することでより高いシミ改善効果が期待できます。 いづれも適切な量を守らないとかえって肌に刺激を与えすぎてしまいお肌をボロボロにしてしまいます。 また治療中はお肌には紫外線は大敵です!!まだ免疫力もないお肌に紫外線が当たってしまうと余計にしみが濃くなったりしてしまいます。日焼け止めや帽子をかぶる等の対策が大切となってきます。
しみ治療の料金
フォト美顔
パツンとしたツヤツヤ肌に♪
23,800円~(顔全体)
レーザー 15,000円/1箇所1回あたり
レチノイン酸 2,000円/5g
高濃度C保湿溶液 3,000円/30ml
ハイドロキノン軟膏 2,000円/5g
問い合わせ